西村院長の歯科コラム

静脈内鎮静法

カテゴリ:静脈内鎮静法 

静脈内鎮静について
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 歯科治療を受ける際に、どのように治療を受けたいと思われるでしょうか? 願わくば、できるだけ楽にすんなりと治療が終わればいいな、と思われている方がほとんどではないでしょうか。
 歯科治療をできるだけ負担を少なく、楽に治療を受ける方法として、「静脈内鎮静法」という方法があります。
 鎮静法には、笑気吸入鎮静法、経口鎮静法、静脈内鎮静法、筋肉内鎮静法、があります。いずれも治療中の意識レベルを維持し、患者と術者の意思疎通をとりながら治療をすすめるものです。
鎮静法の特徴は、
1) 不安、緊張を和らげる
2)血圧、脈拍を安定させる
3)健忘効果が得られる
などが挙げられます。
 特に、静脈内鎮静法では、点滴で薬剤を投与するため、確実な効果が期待できます。また薬剤の投与を停止することで30分ほどで帰宅することが可能です。
 そのほか、点滴から、抗生物質、鎮痛剤、消炎剤を投与することもできるため、インプラントの手術後の腫脹を軽減させたり、鎮痛効果を期待できます。
 具体的に、鎮静剤を投与したのちは、うたた寝をしたような心地よい状態でリラックスすることができますので、気が付いた時には手術が終わっているという感じになることが多いです。
 このように、静脈内鎮静法には、歯科治療の間や、治療後の苦痛も軽減できるメリットがあるのです。使用する薬剤によっては保険適応と自費治療になる場合がありますので、ご相談ください。